低所得者たちが今の暮らしを変えるべく副業で収入を上げて暮らしを豊かにするまでのブログ

【2020年8月版】~初心者向け~ せどりの準備 売る先を知る

  • 2020年11月9日
  • 2020年12月14日
  • せどり
  • 29view

 

 
ヒロ
前回でせどりは儲からないのは分かったからこのブログは閉鎖でおけ?
 
モー君
まだ俺たち買ってすらないからw
 

ということで今回は購入したものを販売する方法です。

実店舗、またはインターネット上で購入した商品は「Amazon」や「メルカリ」等のECサイトで販売します。

 

【ECサイトとは】

 

ECサイト(イーシーサイト)とは、自社の商品(広義では他社の商品)やサービスを、インターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことです。

 

ECとは英語: electronic commerce(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略。

 

 

モー君
ますますわからん・・・
ヒロ
簡単に言うと個人でもインターネット上で商品の売買ができるサイトだね!

 

 

【販売サイトはほぼこの二つ】

Amazon

 Amazonは今では国内売上NO.1を誇り知らない人はいないであろう大手インターネット通販サイト

自社の商品を出荷する既存の販売方法だけではなく、マーケットプレイスと呼ばれる様々な小売業、卸業、そして個人までもがが参加できる販売方法で品揃えを増やし続け、Amazonで見つからないものはないと言われるくらいの販売システムを構築した会社。

 

モー君
このサイトを見に来てる人で知らない人はいないのでは???


Bee
私もよく使いますね!

 

 

30日間の無料お試し期間があるので試してみましょう。

メルカリ

 

 メルカリは日本で一番ダウンロードされているフリマアプリでです。

個人が不必要になったものを携帯一つで気軽に出店できるのが魅力。

メルカリは基本C to C (Consumer-to-Consumer )一般消費者同士の売買が基本。

 

 
ヒロ
他にも様々なECサイトはありますがここ最近のトレンドはこの2社ですかね!

基本全て無料で出来るので試してみましょう。

 

【ヒロ調べのメリットデメリット】

 

モー君
んでどっちで売るの?
ヒロ
僕らはまずメルカリからスタートします!

 

Amazonの最大のメリットはFBAです。

FBAとは、フルフィルメント by Amazonの略で、Amazonが提供する物流サービスです。

 

Amazonの世界屈指の配送システムを活用し、商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスタマーサービスまで行ってくれます。

 

しかしながら登録するのに月額4900円+各種手数料が掛かるため資金が少ない方は出品数が少ないと経費で赤字になってしまうので、ある程度の資金がないと難しいかと思われます。

 

それに対しメルカリは登録手数料はなく、商品に対しての経費は手数料10%+送料となっておりAmazonに比べ小資金でスタートできます!

 

 
ヒロ
なので僕らはまずメルカリでコツコツと積み立てていこうと思います!!
 
モー君
ええやん!それでいこう!

Amazonで出品までまでこぎつけられる様、メルカリで転売のコツを掴みつつ、資金をコツコツと貯めていきたいと思います。

ヒロ
果たして僕たちはAmazonまでたどり着けるのか・・・
モー君
たどり着く前にブログ閉鎖かな。

【まとめ】

  • ECサイトを知る。試す。使う。
  • メルカリをまずは試す。
  • ゆくゆくはAmazonに挑戦!